導入事例紹介

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン様
事業内容
ドミノ・ピザの国内チェーン運営
業種
飲食/デリバリー業
企業HP

PDFをダウンロードする

短期間で面接設定率、採用率が向上!

  • 導入背景:電話応募の対応漏れ・折り返し対応遅れの改善
    現場が営業に専念できる環境の整備
  • 効果  :面接設定率向上、採用率向上

株式会社ドミノ・ピザ ジャパンは、創業から日本宅配ピザ市場のパイオニアとして、ビジネスを拡大し続けている。店舗数国内No.1を目指し、事業拡大を進める同社の『ジョブオプ応募管理』を活用した取り組みについてお伺いした。

クルー採用にかける想い

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 営業部長 柿内 宏之氏

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
執行役員 営業部長 柿内 宏之氏

「弊社では、全社員がクルーからキャリアをスタートさせます。現在のストアマネージャー、店長、本部部門、FC店のオーナーなど、当社の中核を担う人材もみな同じです。それは現場感覚を常に持ち続けてほしいからであり、我々がクルー採用に高いクオリティと意欲を持って取り組むのは、『クルーなくして当社の発展はありえない』、その思想が根付いているからなのです」と柿内氏は語る。

『ジョブオプ応募管理』導入前の課題

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン 営業部 営業戦略課 課長 大森 力氏

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
営業部 営業戦略課 課長 大森 力氏

年間100店舗ペースで出店、経験の浅いストアマネージャーが増えているという同社。
従来クルー採用においては、応募受付から採用までを各店舗に一任していたものの、厳しさを増す事業環境・採用環境に適した打ち手の必要性を感じていた。

「ストアマネージャーは、接客やメイキング、注文対応といったさまざまな営業業務と並行しながら、採用業務を実施しなければならず、大きな負担となっていたようです。採用環境が厳しさを増す中で一件の応募を大切にしなければならない一方で、営業業務に力を注ぐ必要もある。そのような忙しさの中で、各店舗では電話応募者の対応漏れや、折り返し連絡の対応遅れなどによって採用機会の損失が発生しているのではないかという課題感を本社としても持っており、リクルートジョブズさんにこの状況を相談してみたのです」と大森氏は語る。

「『応募者はドミノ・ピザのお客様』という考え方を大切にしていますから、応募者の方へ丁寧に対応できるような環境へ改善することが急務だと捉え、ストアマネージャーが営業に専念できる環境整備を進めていきました」(大森氏)

サービス導入前後の効果比較が可能な業務診断

ドミノピザジャパンオフィス写真

まず着手したのが、リクルートジョブズ協力のもとで実施した業務診断。採用業務の実態ヒアリングを敢行、応募から採用までのCVR、業務工数・コストの定量化を行うことで、導入効果を比較。これが、導入の決め手の一つになったという。

「今まで把握しきれていなかった採用業務の”見える化”によって、自社の課題を把握できたことはもちろん、面接設定率の改善やストアマネージャーの業務負荷軽減による費用対効果が見込めると定量的に判断できたことは、導入の意思決定に大きく影響しましたね。」(大森氏)

採用効率向上と業務工数削減を同時に実現する『ジョブオプ応募管理』

面接設定率の向上グラフ

『ジョブオプ応募管理』導入後、驚いたのはその効果改善の早さ。
短期間で面接設定率が82.3%まで改善、ストアマネージャーから「営業業務に集中できる」といった喜びの声が挙がる。

「大きく二つの効果を実感しています。一点目は、短期間で面接設定率が飛躍的に向上したこと。スピーディーな面接設定、従来対応できていなかった応募者層へのアプローチやフォローが可能になったことが大きいと思います。面接設定率が改善したことで、結果として採用率アップにも繋がっています。二点目は、ストアマネージャーが営業業務に集中できる環境を整備できたことですね。『採用業務の負荷が軽くなって、営業業務に専念できる』、『応募者一人ひとりにきちんと対応でき、求める人材を獲得しやすくなった』といった声が、ストアマネージャーたちから挙がってきました。」(大森氏)

この効果を本社としても評価。スピーディーな意思決定により、サービス利用店舗を拡大していった。
「当初約50店ほどからのスタートだったのですが、直営全店舗への導入を決め、当社全体での採用効率化に取り組んでいます。非常に良い循環になってきていますね。」(大森氏)

また、さらなる『ジョブオプ応募管理』のサービス開発にも期待いただいている。

「採用市場を熟知したリクルートジョブズさんだからこそ、市場の声に応じたサービス開発を進め、どんどんとご提案頂きたいです。弊社の事業発展を支えて頂くパートナーとして、これからも共に歩んで行きたいですね」(柿内氏)

※役職は撮影当時のものになります。

お気軽にお問い合わせください!

関連サービス